忠岡町で一戸建てを購入時に受けられる補助金制度についてまとめてみました
東昌建設 東昌建設

地域密着で年間200棟以上の建築や販売を手がける。コストダウンによる低価格化を実現。

泉州ホーム 泉州ホーム

1969年設立で地域密着型経営の信頼のおける企業。対応力とデザイン性の高さが高評価。

双伸商事 双伸商事

1987年創業以来、社長自らが営業を行い、機動力を高めている点が特徴的。

忠岡町で一戸建てを購入時に受けられる補助金制度

忠岡町で一戸建てを購入すると自治体から補助金が受けられる場合があります。これは自治体の誘致活動の一貫なのですが、申請が通れば数十万円規模でサポートを受けられますので参考になさってみてください。

忠岡町の特徴

小さな町

まず忠岡町の特徴としては、面積が約4平方キロメートルという日本で一番小さな町という点が挙げられます。
工場や商業地区などが多い印象がありますが、コンパクトシティだからこそ周りの地域へも足を伸ばしやすく、生活する上で不便に感じることはあまりありません。
町内の鉄道の駅は南海本線の忠岡駅のみですが、泉大津市や和泉市、岸和田市と接しているため都心部へのアクセスにもそこまで困ることはありません。

ちなみに賃貸の家賃相場は以下のようになっています。

忠岡町の賃貸家賃相場
3LDK(6~6.5万円)
3K(5.5~6万円)
2LDK(6~6.5万円)
2K(2.5~3万円)
1LDK(6~6.5万円)
1K(4~4.5万円)
ワンルーム(4.5~5万円)

この家賃相場と比較して、賃貸に住み続けるか持ち家にするか検討してみてもいいかもしれませんね。

子育て世帯等住宅取得補助制度

笑顔の親子

忠岡町では若年世帯の他地域からの転入と定住化を促進するために、「子育て世帯等住宅取得補助制度」という補助金制度を設けています。
もともと忠岡町に住んでいた世帯の場合は最低7万円~最高17万円、他地域からの転入の場合は最低10万円~最高20万円まで支給されます。

補助金を取得するにあたって申請が必要になりますが、その条件には以下のような項目が挙げられます。

申請日時点で、同一世帯に小学校6年生以下の子どものいる世帯。(申込者又はその配偶者と親子関係)又は、申請日時点で、申込者及びその配偶者(事実上婚姻関係を含む)共に満40歳未満であって、婚姻届出後5年以内の世帯で、子育て世帯でない世帯(子どものいない世帯)。
平成27年4月1日からこの制度が終了する日までの間に補助対象住宅に居住を始めた世帯。
建物登記簿に記載の所有権割合が当該住宅の2分の1以上である。
補助申請日現在において、住宅借入金の合計額が500万円以上である。
2親等以内の親族から購入した家屋ではない。
忠岡町に住所を有することにより課税される町税を滞納していない。(世帯構成員すべて)
補助申請日現在において、忠岡町内に定住する意思を持って居住している。
暴力団員又は暴力団密接関係者でない。また、当該住宅は暴力団事務所ではない。
専用住宅又は併用住宅(床面積の2分の1以上が住宅)であって、新築又は売買により取得したものである。
相続、贈与その他対価を伴わない事由により取得した住宅ではない。
建物登記簿における権利部(甲区)の所有権保存又は移転登記(売買を登記原因とするもの)が登記された「受付年月日・受付番号」欄に記載された年月日又は権利部(乙区)の抵当権の登記が設定された「受付年月日・受付番号」欄に記載された年月日が、平成27年1月1日からこの制度が終了する日までの間の日付に設定されている住宅である。
補助対象住宅の床面積が50平方メートル以上である。(併用住宅については居住の用に供される部分)
建築基準法の規定に適合している住宅である。
中古住宅については、昭和56年6月1日以降に建築確認を受けて建築された住宅である。
子育て世帯・若年夫婦の住宅取得に補助
若年層の転入及び定住促進を図るため住宅借入金を利用して新たに住宅を取得した「子育て世帯」「若年夫婦」に対し、マイホーム取得補助金を交付する制度を創設しました。

(参考)子育て世帯等住宅取得補助制度 - 忠岡町役場ホームページ

要するに、他の地域から忠岡町に引っ越してきてくれたら補助金を支給します、という制度なのですが、岸和田市や貝塚市に比べると条件や補助金額の条件が少し悪い気がしますね。

ページのトップへ