岸和田市で一戸建てを購入時に受けられる補助金制についてまとめてみました
東昌建設 東昌建設

地域密着で年間200棟以上の建築や販売を手がける。コストダウンによる低価格化を実現。

泉州ホーム 泉州ホーム

1969年設立で地域密着型経営の信頼のおける企業。対応力とデザイン性の高さが高評価。

双伸商事 双伸商事

1987年創業以来、社長自らが営業を行い、機動力を高めている点が特徴的。

岸和田市で一戸建てを購入時に受けられる補助金制度

岸和田市で一戸建てを購入すると自治体から補助金が受けられる場合があります。これは自治体の誘致活動の一貫なのですが、申請が通れば数十万円規模でサポートを受けられますので参考になさってみてください。

岸和田市の特徴

岸和田城

まず岸和田市の特徴としては、城下町として発展してきた影響もあり昔ながらの街並みが残っている点が挙げられます。
また、毎年秋になると行われるだんじり祭りは全国的にも有名ですよね。
電車やバス、高速道路などの公共交通機関も充実していて、関西国際空港からも電車で約15分と意外とアクセスが良いんです。
また、大きなショッピングモールもあるので生活する分には不自由することは無いでしょう。

岸和田市の賃貸家賃相場は以下のようになっています。

岸和田市の賃貸家賃相場
3LDK(6.5~7万円)
3K(4.5~5万円)
2LDK(5.5~6万円)
2K(3.5~4万円)
1LDK(5.5~6万円)
1K(3.5~4万円)
ワンルーム(3.5~4万円)

この家賃相場と比較して、賃貸に住み続けるか持ち家にするか検討してみてもいいかもしれませんね。

住宅取得補助金制度とは

補助金

さて、そんな岸和田市では住民の誘致のための活動の一環として「岸和田市三世代同居近居住宅支援事業補助金制度」という補助金の制度を設けています。
この補助金を受けるための要件としては「対象者要件」と「対象住宅要件」の両方を満たす必要がありますが、申請が通れば一戸あたり50万円を上限に支給されます。

岸和田市のホームページによると、条件は以下の通りです。

補助金を受けるための要件
親世帯や子育て世帯及び40歳未満の夫婦世帯のどなたかが継続して1年以上市外に居住した後、平成27年4月1日以降に市外から市内に転入していること(平成29年4月現在)
申請日において、対象世帯の全員が市内の当該住宅に居住し・住民登録していること(特別な事由により対象世帯のどなたかが居住できない場合を除く)
子育て世帯が義務教育終了前の子ども(出産予定含む)を扶養している、または夫婦世帯の両方が40歳未満であること
市税等の滞納がないこと
住宅取得補助金制度について
この補助金制度では、市内で同居・近居するために親世帯や子育て世帯及び40歳未満の夫婦世帯のどなたかが平成27年4月1日以降に転入されて、住宅を取得する場合に、費用の一部を助成します

要するに、もともと他の地域に住んでいた人が岸和田市に引っ越してきてくれれば家の取得費用の一部を援助しますよ、という制度です。

その他にも住民の誘致のための活動の一環として「リフォーム補助金制度」という補助金制度もあり、こちらは持ち家をリフォームする場合に支給される補助金で、条件に関しては上記の「岸和田市三世代同居近居住宅支援事業補助金制度」とほぼ同じです。こちらも50万円を上限として支給されます。

ページのトップへ