貝塚市で一戸建てを購入時に受けられる補助金制度についてまとめてみました
東昌建設 東昌建設

地域密着で年間200棟以上の建築や販売を手がける。コストダウンによる低価格化を実現。

泉州ホーム 泉州ホーム

1969年設立で地域密着型経営の信頼のおける企業。対応力とデザイン性の高さが高評価。

双伸商事 双伸商事

1987年創業以来、社長自らが営業を行い、機動力を高めている点が特徴的。

貝塚市で一戸建てを購入時に受けられる補助金制度

貝塚市で一戸建てを購入すると自治体から補助金が受けられる場合があります。これは自治体の誘致活動の一貫なのですが、申請が通れば数十万円規模でサポートを受けられますので参考になさってみてください。

貝塚市の特徴

バレーボールの街貝塚

まず貝塚市の特徴としては・・・といいたいところですが、これといって特徴が無い地域なんです。ただし南海本線やJR阪和線が通っていて、他にも自動車道も充実しているので便利な地域と言えます。

位置的に大阪府内へのアクセスも良く、近隣の都市への通勤もなにかと好都合です。

夏には海辺で潮干狩りができたり、臨海地域には工場もあるので工場見学なども楽しむことができます。お寺や古墳もあり、だんじり祭や太鼓台祭りなども楽しめるので、ある意味で文化都市とも言えます。

ちなみに賃貸の家賃相場は以下のようになっています。

貝塚市の賃貸家賃相場
3LDK(6.5~7万円)
3K(4.5~5万円)
2LDK(6~6.5万円)
2K(2.5~3万円)
1LDK(6~6.5万円)
1K(3.5~4万円)
ワンルーム(2.5~3万円)

この家賃相場と比較して、賃貸に住み続けるか持ち家にするか検討してみてもいいかもしれませんね。

貝塚市若年世帯住宅取得補助事業

若い夫婦

貝塚市では若年世帯の外部地域からの転入と定住の促進を目的として「貝塚市若年世帯住宅取得補助事業」という名目で補助金の制度を設けています。

その補助金を受ける要件としては以下のような項目があります。

補助金を受けるための要件
二人以上の40歳未満の世帯で、市外に継続して1年以上居住している世帯主
申請者か配偶者の親世帯が貝塚市内に5年以上在住していること
申請者の世帯の方が平成28年10月1日以降に住宅の新築工事請負契約や住宅の売買契約を行い、市内に3年以上居住するための住宅(新築、中古問わず、分譲マンションも含みます)を取得すること
市税等を滞納していないことや同居支援補助金を貰っていないこと
転入日より6カ月以内であること

これらの要件も満たして申請が通った場合、最低35万円~最大65万円までの補助金を受け取ることができます。

貝塚市若年世帯住宅取得補助事業
貝塚市若年世帯住宅取得補助事業とは、市外に在住する若年世帯が市内に在住する親世帯と近居、又は同居するために住宅を取得する場合、その費用の一部を補助することで、若年世帯の転入と定住を促進することを目的としています。

(参考)貝塚市ホームページ

要するに、他の地域から貝塚市に引っ越してきてくれれば補助金を出しますよ、という内容なのですが、受け取れるものは受け取っておいた方がいいですよね。最低でも35万円が支給されるということは、家電や家具などを揃える資金にも十分充てることができますよね。

ページのトップへ